来年も巨人は優勝できないという予想の理由

5月以来の更新です。

その時に、今年は巨人が優勝できずに、つまんなかも知れないけど、やっぱり中日が優勝と書いた。

予想どおりの結果だったわけだが、同じ予想した人も多かっただろうからね。
予想外は、ヤクルトの大活躍と、落合監督クビで中日ナインが燃えたこと。

原監督である限り、巨人は来年も優勝は無理だろうね。

今年の敗因は、小笠原、ラミレスなどの主力の不振が主な原因だが、監督の子供じみた采配もひとつの要因とみる。
エラーや三振で懲罰的に交代などされてたら、やる気なくすよ。
失敗を恐れず、選手を使い続ける忍耐が、ある程度監督には必要だ。

清武クビで、方針転換した巨人。
大型補強で、杉内を取り、村田も取る。

今年の打線の不調は、主力の不甲斐なさもあったけど、一番痛かったのは松本の不調であったと思う。

松本は、レギュラーで使ってこその選手で、代打や途中からでは持ち味がでない。
今年は、スタートでつまずいたせいで、代打が多く、焦りからかすっかり打撃を崩してしまった。

松本が2番あたりにいて、4打席のうち1度か2度、塁にでるだけで、どれだけピッチャーにプレッシャーがかかるか?
内野安打がある、フォアボールも嫌だ。
今年のように、小得点差の試合ではなおさらだろう。

松本がいてこそ、1番坂本、3番小笠原も生きてきた。

来年、巨人が優勝するためには、村田の活躍でもなく、小笠原の復活でもなく、躍動する松本がシーズンを通して見られるかどうかにかかっている。

さて、この予想は当たるかどうか?

開幕して一ヶ月のプロ野球、はっきりしてきた巨人が今年も優勝できないわけ。

開幕して、一巡したプロ野球。

戦前に予想されたこと、予想外だったことがいろいろ出てきた。

全般に言えることは、統一球の影響が予想以上だったことだ。

ホームランは出にくくなり、内野を抜けるヒットも少ないような気がする。

ヤクルト、広島が好調だが、統一球の採用と無関係ではない。

両チームは出来過ぎの感はあるにしろ、もともと単打、とくにセンター返し狙いの多いチーム。

投手の好調と相まって、勝ち星に恵まれている。

爆発力はなくても、少得点で勝てるのが強みだ。

昨年までは、巨人や阪神の強力打線に叩きのめされることが多かったが、今年は健闘しそう。

巨人は、打線の迫力がない。

小笠原の不調、阿倍の離脱は大きく打線の破壊力を削いでいる。

投手力はもともと弱く、新人の沢村が早くもエースに押し出されそうなメンバー。

阪神は投手は巨人よりはいいが、打線が不安定だし、やはり統一球の影響が・・・

横浜は健闘しているが、上位を伺うにはやはり投手力のレベルが違いすぎ。

巨人も小笠原の復調と阿倍の復帰により、少しは良くなるだろうが、全チームにいい勝負して取りこぼしも多くなる。

そうすると、また中日かね。

ちょっとつまんないけど、巨人は中日の上には行けないのは明らか。

ペニスが巨大化するという副作用がありますのでご注意ください!L-シトルリン

最近、評判のサプリ「L-シトルリン」を紹介します。


スイカ果実中から発見されたL-シトルリンはアミノ酸の一種であり血管拡張・改善、疲労回復など様々な機能をもつ事がわかっています。

その効果を利用してシトルリンは精力増強、スポーツサプリメントなどにもアメリカでは使用されているようです。

またL-シトルリンが血管を強くしなやかにする事で健康にも役に立つようです。

日本では生産から販売まで手掛ける協和発酵が有名ですがアサヒ飲料、資生堂薬品、ロッテなどからも商品が販売されています。



シトルリンには、NO【一酸化窒素】を作り出したり、増やす働きがあります。

そして、NO【一酸化窒素】には、血管を広げ、血流量を増やす働きがあります。


これらのことから、シトルリンを摂取すると、全身の血流がよくなるということになります。

血流がよくなることで、女性には、冷え性の予防や改善 や むくみの防止、肩こりの改善やダイエットなどの効能が期待できます。


男性には、精力増強の効果などが期待されています。

シトルリンの効果により、血管が広がり、血流量が増え、結果的に海綿体が充血しやすくなり、増大するとのことです。

  




確実に稼げるサイトです。

下のバナーから詳細を確認してください。




確実に換金! 無料登録↓

無料で貴方に継続的な収入を!完全無料のポイントサイト!PointShop


6段階ポイントバックの「6up」オープン↓

6段階戦闘型ポイントサイト6up


スイカから抽出されるシルトリン、栄養が吸収されやすい体つくりに効果、副作用?として勃起力と巨根化?

近年、スイカから抽出される、L-シルトリンが体内を活性化し、栄養を吸収しやすく、また老廃物を排出しやすいという効果があることが分かり、新しい健康補助サプリメントとして、大手をはじめとして多くの企業から発売されている。

人気の方はこれからだろうが、L-シルトリンのもうひとつの効果として注目されているのが、あの「バイアグラ」と似たような効果があること。

専門的なことは分からないが、血管に血液を供給しやすい効果があるということ。

つまり、勃起力が高まりEDにも効果があり、ペニスも増大するらしい。

さすがに大手の製薬会社などは、はっきり謳ってはいないがEDには効果ありとするものが多い。

新興の販社などは、はっきりペニス増大のサプリと宣伝しているものが多い。

効果は個人差はあるだろうが、勃起力の衰退やペニスの大きさに悩んでいる男性は試してみる価値はありそう。





画期的!6段階ポイントバックのポイントサイトがオープン、「6up」今登録すれば、トップポジション!?

すごいポイントサイトがオープンしました。
戦闘型ポイントサイト「6up」(シックスアップ)です。
6段階のダウンさんからポイントが上がってきます。

オープンして1週間で、2000人以上参加。
ポイントサイト、リードメールで大宣伝されています。
今のうちなら、かなりオイシイ状態です。

そんなにダウンさん獲得できないよ、という方も安心。
ポイントの獲得しだいで、自動でダウンさんが付与されます。

ダウンさんといっしょに戦闘を行い、ポイントを増やせます。

とにかく登録は必須です。


運営会社 有限会社データネットワークシステムズ
交換レート 100ポイント=1円
交換可能金額 300円以上
ポイント有効期限 無期限
振込み先銀行 イーバンク銀行
手数料 無料
年齢制限 無し(学生でも可)
紹介制度 6段階(子、孫、ひ孫…の6人から10%)
自動ダウン付与制度 20000ポイント獲得ごとにダウン(子)が1人付与されます
紹介者チェンジ機能 1ヶ月に1回だけダウンさんを何人でもチェンジできます。
この機能で活動的なダウンさんを増やしていけます



6段階戦闘型ポイントサイト6up

闇に消えた中国陸上界のカリスマ、馬軍団のナゾ!

1993年ごろ、女子陸上界に旋風を巻き起こした、馬軍団。

当時としては驚異的な記録で、中国国内のみならず世界の陸上界をあっと言わせた。

不自然な記録の伸びに世界中のマスコミが殺到し、馬コーチは一躍時の人となった。

注目されたのは、その練習量の多さと、漢方を使った食事。

すっぽんや冬虫夏草を選手に多く採らせ、筋肉量を増やし、その信じがたい練習量と相まって、多くの種目で記録を更新した。

日本陸連など、数多くの海外チームも視察に訪れたほど。

しかし、シドニーオリンピックを前に、突然中国政府は馬軍団の選手を代表から外した。

北京オリンピックをひかえて、ドーピング疑惑の噂が絶えなかった馬軍団を排除したかったというのが大方の見方。

今もその疑惑は晴れていない。

一説には、漢方だけではなく、男性ホルモンを選手に黙って食事に混入していたという噂もあった。

女子選手ばかりだったとうこともあるだろうが、胸が小さくなり、声が太くなり、体毛が濃くなったり、クリトリスが肥大したりなどと証言した選手もいたらしいので、事実無根ではないのかもしれない。

いずれにしても、現在においてもナゾのままである。

プロ野球開幕、大本命原巨人に死角あり!

プロ野球が開幕しました。

セパ別々に開幕するのは、どうかねえ?

パリーグは少しでも、観客を増やそうと思っているのだろうが、盛り上がりに欠けるような気が・・

セリーグは今年も、原ジャイアンツの本命は動かない。

あの打線は、やはり脅威だし、相手投手にかかるプレッシャーが尋常ではない。

個々にはそれぞれ弱点はあるのだが、調子が上がってくるとやはり得点力は他のチームより一段抜けていると思う。

ただ、その打線の破壊力を引き出すのも投手力。

とくに中継ぎが試合を作って、後半打線が勝負を決めるという勝パターンが巨人にはあった。

唯一、不安というか、付け込む隙があるとすれば、山口。

先発に転向したが、不調で2軍スタート。

先発は豊富なので、1人くらい欠けてもなんとかやりくりはしていくだろうが、中継ぎに山口がいないのが大きい。

昨年、越智と山口で、何試合勝を拾っただろう?

今年は、試合後半の競り負け、あるいは逆転負けが増えそうだ。

他チームはチャンスがありそう。


まだ3試合だが、東京ヤクルトがいい。

村中が使えれば、先発は厚みが増す。

デントナが慣れて、大活躍するようだと、優勝争いも。

期待しすぎかな・・・