サッカー日本代表、厳しいワールドカップへの道

日本代表がバーレーンに1-0で負けてしまった。
もともとバーレーンは日本にとって強敵で、過去にも勝つには勝っているが、薄氷を踏む思いの辛勝ばかり。
ましてや今回はアウェイ、しかも岡田ジャパンになってから日も浅く、戦術的には発展途上。
悪いことに、日本のストライカーで最も積極性が強い高原の離脱。
悪い条件が重なってしまった。
全体的には、引き分けでもよしとする作戦だったのか、消極的で単調な攻撃に終始した。
バーレーンも決してアグレッシブではなかったが、日本は負けないということに固執するあまり思いっきりに欠けていたように見えた。

いずれにしても、ワールドカップ出場に暗雲が立ち込めたことは事実。
バーレーンは、日本でのアウェイは引き分け狙いにくることは明らかで、引いて守るチームには弱い日本が、どれだけゴールへの道をこじ開けられるか注目される。

精度の高い細かいパスと、サイドからのセンタリング、ディフェンスを押しのけてでも打てる強いポイントゲッターの存在。
かなり今の代表にはきついものが要求される。

まだ終わったわけではないし、へこむ状況でもない。
チャンスはまだまだある。

ガンバレ、日本代表

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック