岡田監督で、ワールドカップへ行けるのか?サッカー日本代表

オシム監督の突然の入院で、サッカー日本代表の監督問題が注目されていたが、どうやら元監督の岡田武史氏に決まりそう。
急なアクシデントで選択肢は少ないなかで、ベストの決断は望むべくもなく、ベターな人選にならざるをえなかったのだろう。
岡田監督といえば、フランスワールドカップのアジア予選中、本戦出場が怪しくなった日本代表の加茂監督が突然の解任になったあと、監督代行として予選突破して一躍日本代表の救世主になったような存在だったね。
その後、コンサドーレ札幌の監督に就任、チームを一部昇格に導いた。
その手腕もさることながら、強運ぶりにも驚かされる。
いま日本代表は危機に立たされている。
まさに、予選が始まろうとしているこの時期に、監督離脱。
サッカー協会は、指導力はもちろんだが、岡田氏の強運に賭けたと思う。
実力と精神力がなければ勝ち抜けないのはもちろんだが、より上を目指すのは運も必要だ。
世界のスパースターは必ず運を味方につけている。
日本代表に幸運あれ

"岡田監督で、ワールドカップへ行けるのか?サッカー日本代表" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント