痛快!東京ヤクルトスワローズ、ジャイアンツを3タテ!

エースのグライシンガーと4番のラミレスを巨人に取られて迎えたセ・リーグの開幕シリーズ、ジャイアンツとの3連戦。
絶対に負けたくないという気迫が勝ったのか、ヤクルトがよもやの3連勝。

大型補強で大戦力となった巨人、対して主力が巨人に移ったあと目立った補強もなく、しかも昨年は久々の最下位に沈んだヤクルト。

開幕前の予想では、ヤクルトは3タテを免れるのが精一杯で、巨人の3連勝もありかなというのが大方の見方。
それが、ふたを開けてみれば、強力打線が全く機能せず、ヤクルトに完敗。
これだから野球は面白い。
やはり、強打者を並べるだけでは打線としては苦しいことが判明してしまった。
爆発したときは怖いが、そうそう毎試合打てるものではないだろう。

一方、ヤクルトは投手陣が意外と健闘。
石川以外はほとんど実績がないながら、巨人打線をまあまあ抑え込んだ。
オープン戦からジャイアンツが当たってないこともあるだろうが、中継ぎ陣もそこそこやれそうだ。
ヤクルトというチームは下馬評が悪いときに優勝争いするくせがあるので、今年は意外や意外ということもあるかもよ。

"痛快!東京ヤクルトスワローズ、ジャイアンツを3タテ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント