ヤクルトスワローズ、貧打で打つ手なし・・・

今シーズンのヤクルトの誤算はナンと言っても打線。
主力であるべき外国人選手、ガイエル、リグスが不調でスタメン落ち。
若手選手を起用せざるをえず、それぞれ成長はしているが、打線ということで考えると迫力不足は否めず、得点力がないため相当星を落としている。
投手陣は若手の成長もあり、いい感じなのだがそこそこ抑えても結果につながらないと、チームとしては機能しない。

今年のセリーグは、阪神の優勝でほぼ決まりだから、来季はヤクルトも打線を強化して、優勝争いにくわわってほしいなあ。
打線さえ強化されれば、ポテンシャルはあると思うけどね。


コンサドーレ札幌も、降格ゾーンがらの脱出にむけて頑張って欲しい。

"ヤクルトスワローズ、貧打で打つ手なし・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント