競泳水着問題、選手側にも責任あり。

北京オリンピックを間近に控え、水泳の水着問題が波紋をよんでいる。
スピード社のレーザーレーサーという新素材の水着で外国選手が、次々に世界記録を出し、メダルを狙う日本水泳陣としては無視できないどころか大問題になっている。

日本水連は、アシックス、ミズノ、デサントの3社と契約しており、スピード社の水着は着ることができない。
契約違反覚悟で着たいとか、このままではメダル争いから脱落してしまうとか、選手だけではなくマスコミも巻き込んで動揺が広がり、水連も3社に競泳水着の改良を指示したのは周知のとおり。

スピード社の水着の特徴は、薄いということとと、非常に小さいサイズで体を締め付けるということだ。
ピチピチのサイズでは体の動きが制限されるイメージがあるためか、選手側からは着心地を求められる傾向にあるようだ。
しかし、スピード社の水着でも、確かに締め付けられる着心地ではあるけれど、かえって動きやすく感じる選手もいるようだ。
感触も大事だが、科学的な研究からの結果(タイム)を出されてしまうと、選手側も考えを改める必要もありそうだ。

もうひとつの問題。
生地が非常に薄く、場合によっては肌が透けて見えてしまう心配。
日本人選手は、特に恥ずかしい感情が強く、メーカーも苦慮してるようだ。
外国人選手のように割り切れないらしい。
このあたりはさらに微妙な問題かもしれない。

メーカーが改良してくる水着がどんなものになるか、いろいろな意味で注目だね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック