来年も巨人は優勝できないという予想の理由

5月以来の更新です。

その時に、今年は巨人が優勝できずに、つまんなかも知れないけど、やっぱり中日が優勝と書いた。

予想どおりの結果だったわけだが、同じ予想した人も多かっただろうからね。
予想外は、ヤクルトの大活躍と、落合監督クビで中日ナインが燃えたこと。

原監督である限り、巨人は来年も優勝は無理だろうね。

今年の敗因は、小笠原、ラミレスなどの主力の不振が主な原因だが、監督の子供じみた采配もひとつの要因とみる。
エラーや三振で懲罰的に交代などされてたら、やる気なくすよ。
失敗を恐れず、選手を使い続ける忍耐が、ある程度監督には必要だ。

清武クビで、方針転換した巨人。
大型補強で、杉内を取り、村田も取る。

今年の打線の不調は、主力の不甲斐なさもあったけど、一番痛かったのは松本の不調であったと思う。

松本は、レギュラーで使ってこその選手で、代打や途中からでは持ち味がでない。
今年は、スタートでつまずいたせいで、代打が多く、焦りからかすっかり打撃を崩してしまった。

松本が2番あたりにいて、4打席のうち1度か2度、塁にでるだけで、どれだけピッチャーにプレッシャーがかかるか?
内野安打がある、フォアボールも嫌だ。
今年のように、小得点差の試合ではなおさらだろう。

松本がいてこそ、1番坂本、3番小笠原も生きてきた。

来年、巨人が優勝するためには、村田の活躍でもなく、小笠原の復活でもなく、躍動する松本がシーズンを通して見られるかどうかにかかっている。

さて、この予想は当たるかどうか?